三澤彩奈さん、今夜セブンルールに出演!甲州ワインに365日捧げる美人醸造家の素顔とは?

スミマセン!この記事急いで書いています。汗!というのも、今夜のセブンルール、あの美人醸造家・三澤彩奈さんが登場するからなんです。火曜日って、なぜか録画予約する番組が多いんですよね。というのも、当方、夜間勤務者のもので。
これは是非紹介しなければ!と。なので、サッサッと紹介していきますね。

今夜のセブンルールの放送内容

世界で金賞の日本ワイン!甲州ぶどうに365日捧げる美人醸造家 
三澤彩奈(ワイン醸造家)

セブンルールが、今回密着するのは山梨で約100年間、代々ワインを造り続ける家の5代目・三澤彩奈、37歳。子供の頃から祖父や父の背中を見て育って来た彼女は、ワインを学ぶためにフランスや南アフリカに留学。しかし海外では日本のワインの認知度がまだまだ低く、悔しい思いをした。

そこで帰国後“甲州”というぶどうの品質改良に取り組んだ結果、見事イギリスのコンクールでも金賞を受賞する。そんな彼女の生活は全てワインをベースに成り立っている。海外なら機械でするような作業も自らの手で根気よく行なっていく。

テイスティングのために絶対に食べないものもたくさんある。その中でも彼女が絶対に食べないと決めている、日本人が大好きなあのメニューとは?

ある日、普段は動きやすさを重視した服装の彼女が、黒いシックなワンピースで出かけた。彼女が向かった先とは…。そこで語られる故郷やワインへの思い、そしてセブンルールとは一体どんなものなのであろうか?

引用元

三澤彩奈(みさわ あやな)さんのプロフィール

1980年生まれ 山梨県出身 37歳。

1923年創業、中央葡萄酒の4代目オーナーの長女として生まれ、現在は醸造責任者を務める。

日本の大学を卒業後、

2005年にボルドー大学ワイン醸造学部に留学しフランス栽培醸造上級技術者資格を取得。
その後、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、チリ、アルゼンチンで研鑽を積む。

2014年に世界最大級のワインコンクールで日本ワイン初の金賞を受賞。
2015年に2年連続となるリージョナルトロフィー(アジア地域最高賞)を受賞。

引用元

 

三澤彩奈さんが手がける甲州グレイスワインとは?

三澤 彩奈(みさわ あやな)さんは、日本のワイン醸造家。中央葡萄酒 取締役栽培醸造部長、グレイスワイン醸造責任者、三澤農場栽培責任者。2014年に日本で初めてのデキャンター・ワールド・ワイン・アワードの金賞特別賞を受賞し、快挙と報じられました。また彼女は、執筆およびワインコンテスト審査員なども務めています。

そんな彼女が手がけているのが、甲州グレイスワインは株式会社中央葡萄酒のブランド名で、グレイスとは、優美、優雅、恩恵…。すなわち、甲州グレイスワインとは甲州ぶどうから造る優美で優雅なワインという意味ですね。

もちろん、株式会社中央葡萄酒が作る甲州ぶどうを原料としたワインすべての総称が甲州グレイスワイン。多くのコンテストで優勝していて、今では世界の19か国に輸出されているそうです。今夜のセブンルールをご覧になった方は、きっとこの甲州グレイスワインを飲みたくなるのではないでしょうか。

それでは、今夜のセブンルール、じっくりとお楽しみください。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です