JR中央線“寝過ごし救済”バス、12月9日、16日、23日に運行するそうです。

私も時々寝過ごすんですよ、電車で。特にお酒を飲みすぎた夜に。ですから、JR中央線終着駅からの寝過ごし救済バスの運行、ありがたいですね。

忘年会帰りで寝過ごしそうな人に、ちょっと嬉しいニュースです。

今朝の読売新聞の朝刊で知ったのですが、この寝過ごし救済バスは、西東京バス(本社・八王子市)が12月9日から、JR中央線で高尾駅まで寝過ごしてしまった乗客を“救済”する目的で、臨時バスを運行するということです。

運行日は、12月9日と、16日、23日の3回。今年で4回目の取り組みで、それぞれの日の未明、高尾駅北口から八王子駅北口まで送り届けてくれるとのこと。

確かに、JR中央線の終着駅、高尾駅の周辺は、朝まで過ごせそうな施設が少ないんですよね。

だから助かる、寝過ごし救済バス

運行時間は、午前1時5分に高尾駅北口を出発。(最終電車は午前0時55分に到着するので、のんびりする暇ないですよ!利用される方は、急いでくださいね!^^)

都道46号線や国道20号線などのバス停を経て、午前1時32分に八王子駅北口に到着。

運賃は日中の倍で、八王子駅北口までは880円。

寒い冬の夜、ベンチで寝ることを考えたら、安いものですよね。

ちなみに、昨年は1便当り約25名の方が利用されたそうですよ。

いよいよこれから年の瀬に向けて忘年会シーズン、飲み過ぎ、食べ過ぎ、寝過ごしにはくれぐれも注意したいものですね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です